主人との離婚が原因で自己破産しました。(女性/30代)

女性/30代

私は大学を卒業後、数年間OLをしていましたが、同じ職場で知り合った男性と結婚をし、専業主婦になりました。

結婚して数年間は子供がまだいなかったため、夫婦二人で仲良く暮らしていましたが、
子供を出産したのを機に徐々に夫婦仲がおかしくなってきました。

初めての慣れない子育てで毎日が忙しく、自分自身にも余裕がなくなっていき、
主人との時間や会話も減っていってしまいました。

また、主人は元々あまり子供は好きではなかったようで、育児にも非協力的でした。

次第に主人の帰宅時間も遅くなってきて、すれ違いや喧嘩をするようになりました。
悩んだ挙句、当時まだ1歳半の娘を連れて離婚することになりました。

しかし、まだ小さな子供がいる私を雇ってくれる会社などもなく、見つけても給料が安かったり、時間的に合わなかったりで無理でした。

幼い娘を一人にして仕事に行けるわけもなく、別れた主人からは養育費も貰えなかったので、
生活費にも困るようになり、借金をするようになりました。

気づけば総額300万円と、私では返済が無理な額まで膨れ上がっていました。

そこでネットで見つけた弁護士の先生に相談に行き、自己破産することを薦められました。
破産はしましたが、これからの娘との幸せを考えると良かったように思います。

今でも大変ではありますが、愛する娘と元気に暮らしています。

このページの先頭へ